プロフィール

Dr.Yoshimoto

Author:Dr.Yoshimoto
世田谷区奥沢 吉本診療所 院長 Dr.Yoshimoto です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜が少し咲き始めました

今日は朝時間があり、家内と二子玉川までウォーキングしてきました。土手に降りると早速早咲きの桜があります。多くはまだまだですが、太陽を浴びやすい一番朝日にあたる桜です。最近は二子玉川が整備されて、公園がしっかりできて、家族連れの散歩にはうってつけと思います。帰り道の家にぼけの花?が咲いてきれいでした。
s-IMG_6463.jpgs-IMG_6466.jpgs-IMG_6468.jpg
少し足を伸ばして洗足池まで行ってみましたが、桜はまだでした。カモが沢山およいでおり、いい雰囲気でした。
s-IMG_6474.jpgs-IMG_6480.jpg
家のサクランボができる桜ですが、早咲きでほぼ満開です。今年は酸っぱいけどサクランボが出来そうです。
s-IMG_6483.jpgs-IMG_6486.jpg

スポンサーサイト

イベントの続き

昼休みをいれて、午後はメインイベントであるF1の走行です。1976年はワールドチャンピオンになるのはジェームス・ハントかニキ・ラウダのどちらかに絞られ、最後のF1である富士での決戦で決まることになっていました。マールボロ・マクラーレンM23に乗るハントとフェラーリ312T2に乗るラウダは、結果的にロータスに乗ったマリオ・アンドレッティが優勝、ハントが2位になりワールドチャンピオンを獲得しました。レースはどしゃぶりの雨の中延期され午後3時頃スタートしました。ニキ・ラウダは雨の中レースを始めたオーガナイザーに抗議する意味で2周程度したところで自らピットに戻りレースを終えます。アンドレッティは調子よく周回を重ね、ハントはレースが成立する周回の3分の2だったかを終えたところで、ホームストレートの直線でピットのスタッフに小さく親指を挙げて、チャンピオンを獲得したことを示しました。これでレースは終わりました。このような劇的なエンディングはなかなかなく、今でも語り継がれています。その3台が今回富士を40年ぶりに走ったわけで、懐かしく感じました。車の側面には良く見ると名前が書いてありますが、判りますか。
s-IMG_6433.jpgs-IMG_6434.jpgs-IMG_6436.jpg
もう一台はウォルターウルフレーシングが作ったウルフWR-1で当時の典型的な手法で作られたコンパクトな車で、開幕戦の南アフリカGPで優勝した記憶があります。あと高速で走っている車の撮影は難しく画面にうまく入りません。
s-IMG_6438.jpgs-IMG_6447.jpg
これは私が19歳の時の出来事でこのころのことはよく覚えていますが、最近の事はさっぱりです。



富士スピードウェイ50周年記念イベント

昔から車好きで中学1年の時同級生の平本君とバスに乗ってモータショーに行ったのを今でも鮮明に覚えています。その頃(1970年)は規模も小さく晴海でやっていましたが、高度成長期の中ひとつひとつのくるまに夢があふれていました。モータースポーツも黎明期を過ぎ活発になりつつある中で多くの名車が生まれ、それがもう一度走るというので早起きして行ってきました。レーシングカーもやはりヨーロッパが圧倒的に進んでいて、模倣しながら進歩したと思います。そんな中で日本グランプリに出場したトヨタ7、日産R381、ローラT70 MkⅢbなどが大排気量の群に入ります。
s-IMG_6342.jpgs-IMG_6343.jpgs-IMG_6344.jpg
その頃いすず自動車は小排気量のベレット1600GTのエンジンを積んだベレットR6スパイダーを作り、津々見友彦選手の運転で頑張っていました。今日も高齢にはなったものの昔同様元気に運転されていました。
s-IMG_6346.jpg
その後石油ショックなどもあり、車業界に元気がなくなった時に富士グランチャンピオンシリーズ(通称グラチャン)ができ、比較的安くレースができるようになり(2000㏄のエンジン限定)、多くの有名な選手が出てきました。左は高原選手の乗っていたマーチという車と思います。中央左はダラーラ、右はマーチみぎの左側がシェブロンという車です。みんなとても懐かしい車です。
s-IMG_6347.jpgs-IMG_6416.jpgs-IMG_6417.jpg
とりあえず今日はここまでで、次回もう少しアップします。




| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。