プロフィール

Dr.Yoshimoto

Author:Dr.Yoshimoto
世田谷区奥沢 吉本診療所 院長 Dr.Yoshimoto です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

雲場池の紅葉

診療所の外装工事をしているので出かけにくい状態でしたが、本日は朝早く軽井沢の雲場池の紅葉を見てきました。ネットで見ると13位くらいの景色のようです。朝8時でしたが多くの方が見学に来られています。確かにきれいです。入口から普通は右回りのようですが我々は左回りでぐるっと回りました。
IMG_9239.jpgIMG_9240.jpgIMG_9248.jpg
奥のほうは鳩山家の別荘が近くなり、他の別荘も見えます。
IMG_9251.jpgIMG_9257.jpgIMG_9262.jpg
行けの中ほどでは対側の紅葉が水面にきれいに映りとてもきれいです。
IMG_9266.jpgIMG_9275.jpgIMG_9279.jpg
カモも泳いでいますが、少ないので水面の雑音にはなりませんでした。この後来年の5月まで補修工事で見れない時間がしばらく続くようです。
IMG_9280.jpgIMG_9298.jpgIMG_9299.jpg







フランスからスイスに

その後車でスイスのモンペルランに向かいます。レマン湖の近くに宿泊です。翌日はスイスのワイナリーに行き、ワインの試飲をします。シャスラーというブドウの品種でなかなか美味しかったです。
IMG_8269.jpgIMG_8272.jpgIMG_8284.jpg
IMG_8275.jpgIMG_8290.jpg
お昼からはローザンヌの街並みを見た後オードリーヘップバーンの墓地を見に行きました。小さな町にあり、最後の人生はひっそりと暮らしていたそうです。
IMG_8365.jpgIMG_8374.jpgIMG_8383.jpg
これで今年の旅行は終わりです。みなさま今回もお付き合いいただきありがとうございました。

モンブランをフランス側に降ります

さてイタリア側から登ったあと、3連ゴンドラに乗りエギーユ・デュ・ミディ展望台へ向かいます。30分かけて向かう間モン・ブランが正面にきれいに見えてきます。氷河も絶景です。
IMG_1081.jpgIMG_1089.jpgIMG_1098.jpg
とても長い距離を結んでいるのですが、天気が最高ですべて見渡せます。モン・ブランがこうしてみると一番高いのが判りますね。IMG_1104.jpgIMG_1105.jpgIMG_1108.jpg
フランス側のエギーユ・デュ・ミディ展望台では3842mのテラスからモン・ブランをまじかに見ました。右の白い雪をかぶっているのがモン・ブランです。
IMG_1136.jpgIMG_1121.jpgIMG_1142.jpg
シャモニーテラスではふもとの街シャモニーがきれいに見渡せました。
IMG_1149.jpgIMG_1163.jpg
シャモニーに降りてからは、ゴンドラの駅を後にしてお昼をいただき街を散策し、多くの山を登った先人の像などを見ました。
IMG_8170.jpgIMG_1174.jpgIMG_1176.jpg









モンテ・ビアンコ(モンブラン)観光

いろいろ山を見てきましたが、やはりメインはこの山でしょう。いわゆるモンブランで、イタリアではモンテ・ビアンコになります。アオスタからは車で30分でクールマイヨールに着きます。2015年から運行を開始した360度回転式のゴンドラのskywayでエルブロンネル展望台に到着です。
IMG_0985.jpgIMG_0979.jpgIMG_0992.jpg
ここからはモンテ・ビアンコがきれいに見えます。いわゆるモンブランは年中雪をかぶっており、二つの峰の右側になります。
IMG_1057.jpgIMG_1064.jpgIMG_1031.jpg
このほかにも遠くにマッターホルンが見えます。
IMG_1045.jpgIMG_1051.jpg
このほかにもモンテローザなどすべてが見渡せ絶景でした。
IMG_1025.jpgIMG_1026.jpg
この後はもう一つゴンドラでスイス側に行きますが、これは次にしましょう。




アオスタの街

アオスタという街は古代ローマ時代に重要な街道の中の街として栄えたそうです。遺跡が多く残され、街を囲む2.5㎞の城壁の一部やプレトリア門が見渡せます。
IMG_8047.jpgIMG_8044.jpgIMG_8132.jpg
中にはローマ劇場跡などがみられ、そこでコンサートが行われていました。
IMG_8130.jpgIMG_8139.jpgIMG_8140.jpg


| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ